リーダーを目指す【エンジニアお仕事チャンネル】

チーム活性化のためにリーダーエンジニアが果たすべき役割をご紹介

リーダーを目指す【エンジニアお仕事チャンネル】

リーダーエンジニアが果たすべき役割 リーダーエンジニアが果たすべき役割

グループとは、人が何人か集まった状態のものをいいます。チームという言葉もよく聞きますが、その2つの違いはなんなのでしょうか。
世の中では様々な使い方があり、明確な区別はありませんが、一般的には、グループは、共通点がある人の集まり。チームは、共通の目的がある人の集まりであるといえるでしょう。
共通の目的を持った集まりであるチームにおいて、その力が活性化するためにリーダーがするべきこととは何でしょうか。

Pocket

進むべき方向を示す

前述のとおり、チームには目標があります。リーダーは、その目標を常に明確にメンバーに示す必要があります。メンバーは、リーダーが描いた目標を共有します。リーダーの目標が曖昧であったり不明確であると、メンバーは、なにを目指していいのかわからなくなってしまいます。リーダーは、その自覚をしっかり持たなくてはいけません。
また、目標はより具体的なものでなければなりません。目標が達成されたかどうか誰でも明確に判断できるようなものがいいでしょう。リーダーは、率先してお手本になるべきという考え方もありますが、決して必須ではないと思います。リーダーより、メンバーの方が専門分野において優れていることは多々あります。プレッシャーを感じたりせず、いかにチーム全体が力を発揮できるかを再優先に考え、引っ張っていくことがリーダーにとって最も重要なことです。

視野を広げること

リーダーは、多角的にものを見る視野の広さが大切です。チーム全体を見渡し、取り巻く環境の変化に敏感にならなくてはいけません。目の前のことだけに注目してしまうと様々な変化を見逃してしまうものです。
チームを活性させるためには、その妨げになる要因は排除していかなければなりません。リーダーは常に目を光らせ誰よりも先回りして対応しなければなりません。そのためには、チーム内もチームの外にも関係する人との調整をしなくてはなりません。トラブルなどは後手に回るのではなく、チームが有利に運ぶように常にアンテナを高くしていなければなりません。

メンバーを活性化させること

リーダーは、チーム内の動きにはある程度柔軟な対応を要求されます。メンバーをがんじがらめにしてしまうと身動きが取れなくなってしまい、自由な発想も意見も出てこなくなります。また空気が悪いようでは活性化など期待できないでしょう。
おおまかな枠組みだけを決め、ルールに則って自由に動ける環境作りが大切です。活性化が持続するようにメンバー同士の絆といったものも重要でしょう。メンバーの個性を大切にしてメンバー自らが自分の力で目標を達成できるバックアップをすることが大切です。

Copyright © 2014 リーダーを目指す【エンジニアお仕事チャンネル】 All Rights Reserved.