リーダーを目指す【エンジニアお仕事チャンネル】

マネージャーとリーダーの違いをご紹介

リーダーを目指す【エンジニアお仕事チャンネル】

リーダーエンジニアとマネージャーの違い リーダーエンジニアとマネージャーの違い

面接などの自己PRで、「学生時代は、部活動でキャプテンをしていたのでリーダーシップには自信があります」というフレーズをよく耳にします。しかし、チームの管理者をしたからといって、リーダーシップが身につくかといえば、そう簡単なものではありません。
リーダーシップという能力は、いまでは企業が学生に求める能力として上位にくるものです。コミュニケーション能力よりもリーダーシップの方を重要視するようになってきているのです。

Pocket

そもそもリーダーシップとは

リーダーシップという言葉、もしくは能力の定義とはなんなのでしょうか。ある本では「リーダーシップとは、集団に目標達成を促すよう影響を与える能力」と書かれています。
管理職では、地位や権限が与えられるため、その結果としてリーダーシップを与える役割を担う場合があります。しかし、管理職などの管理者だけがリーダーとは限らないのです。また、管理者だからといって権限だけを与えればリーダーシップを発揮するかというと必ずしもそうではないのです。

マネジメントとリーダーシップの違い

マネジメントとは、管理のことです。つまり、トラブルが無く予算内に、スケジュール通りに進行を管理するのがマネージャーに求められる役割なのです。
リーダーシップは、何か新しいものを創り出したり、変革を起こすなど、マネジメントに求められる役割とは全く異なります。マネージャーによって管理されたチームの中で、リーダーシップを持った別の人がゴールに向かう活力を高めるといったこともあります。必ず、マネジメントとリーダーシップを発揮するのが同一人物とは限らないのです。
また、両者のアプローチも異なるものです。マネジメントは、言ってしまえば「コントロール」ということになります。計画や予算を重要視し、組織や人員をコントロールして目標を達成するのです。リーダーシップは、ビジョンや方向性を大切にし、モチベーションを高め目標を達成しようとします。マネジメントでは、新しいことをやるのは難しいでしょうし、変化を求めません。リーダーシップでは、ビジョンや方向性さえ合えばメンバーが新しいことや変化を追い求めることができます。
一言でいえば、マネジメントは、「どうやるか」を重視し、その仮定や管理方法に重きを置きます。しかし、リーダーシップは、その仮定よりも「何をするのか」「なぜやるのか」を重視します。細かく管理するのではなくメンバーの自主性に任せ、全員の力を最大限発揮できる空気作りを最も重要視するのです。

Copyright © 2014 リーダーを目指す【エンジニアお仕事チャンネル】 All Rights Reserved.