リーダーを目指す【エンジニアお仕事チャンネル】

エンジニアとしてのリーダーに求められるリーダーシップとは

リーダーを目指す【エンジニアお仕事チャンネル】

リーダーエンジニアのリーダーシップとは の記事一覧

リーダーとして活躍するエンジニア、リーダーエンジニアに求められるリーダーシップについて掘り下げてみましょう。リーダーシップ、リーダー、という単語を聞いてイメージするリーダー像は人それぞれ違うかもしれません。そもそも、リーダーとは何か、エンジニアであるリーダーエンジニアが果たすべき役割とは何か?という、本質的な部分からふれていきます。

リーダーエンジニアに求められるリーダーシップ

リーダーエンジニアに求められるリーダーシップ

リーダーエンジニアに求められるリーダーシップについて、整理して説明します。エンジニアとしての技術的スキルが高みを極めればリーダーとなれるのかと言えば、そうではありません。人々を引っ張る強引さがリーダーシップなのかと言うと、それもでも違います。リーダーとは、リードする人。つまり統率者です。集団を統率するリーダーは、集団自体が無ければリーダーも存在しえません。また、統率すべき集団として追随する複数の人々がいないのならば、リーダーとは言えないのです。そして、リーダーシップとは、一般的に、リーダーたり得る能力・スキルのことを指します。決してカリスマ的才能のことではありません。

リーダーエンジニアとマネージャーの違い

リーダーエンジニアとマネージャーの違い

リーダーとマネージャーは、本質的に違います。日本語に直すとその違いが明白になりますが、リーダーは統率者であり、マネージャーは管理者です。例えば、部長という仕事で言えば、部長という職務についている人はマネージャーであることは確実(部長職である以上、資質に関わらずマネージャーでなければならない)ですが、リーダーであるかどうかは、人と環境により異なります。リーダーは船頭です。マネージャーの役割は、統率ではなく、リーダーに追随する集団を管理することです。何をするかはリーダーが決め、どのようにやるかをマネージャーが管理するのです。

リーダーエンジニアが果たすべき役割

リーダーエンジニアが果たすべき役割

ほとんどの開発現場がチームワークで動いています。プログラマ、システムエンジニア、プロジェクトマネージャ、テスターなど、各分担を複数の人員で担当してひとつのシステムを開発しています。プロジェクトひとつひとつがチームワークなのです。プロジェクトチームは、その「プロジェクトを成功させる」、「決められた期日までに決められたクオリティを維持するシステムを完成させる」という共通の目的にむかって進んでいます。一般的に、プロジェクトマネージャーが、プロジェクト全体を管理する役割を持つと同時に、プロジェクトチームのリーダーとしての役割も兼務する場合が多いでしょう。

リーダーエンジニアが行う具体的行動

リーダーエンジニアが行う具体的行動

リーダーに求められる役割は管理ではなく統率であることを前提に、チームを統率するリーダーの具体的な行動例を紹介します。プロジェクトマネージャーのように、管理者たるマネージャーとしての役割と、統率者たるリーダーとしての役割を兼務する場合は、一人二役をこなしているという意識を持たなければなりません。統率するリーダーは先頭に立って前に進む力が必要で、管理するマネージャーは時としてブレーキをかける力が必要です。リーダーは、個の力ではなく、集団の力を率いて目的を達成しなければなりません。自分自身ですべてをこなすのではなく、集団の力をいかに発揮するかという視点で物事を考えることが重要です。

Copyright © 2014 リーダーを目指す【エンジニアお仕事チャンネル】 All Rights Reserved.